秋田市でも、ジムニーを艶消し塗装されている方を時折見かけます

味があって良いな~と思っていました。

そんな思いから刷毛塗り塗装やるべく、なんとかかんとかここまできました

塗りに入るまでが大変でしたが

Do It Yourself 自分で出来ることは自分でやってみる

何事も、チャレンジ精神が大事だと自分に言い聞かせながら行
ってみました


ボディカラーをビスケット グリルを艶消しブラック

DSC_2033 1

皆に、いつ頃仕上がるんだ?仕事変えたんだが?
と心配されながら、仕事の合間、休日返上してはコツコツと
励んでおりました。

荷台はずして、フレームの錆落としと塗装
スポット溶接部分とデフ周りに時間がかかりましたが、いくらかメドが経ちました。

はずした後

思いのほか、錆があり凹んでしまいます。

DSC_1861

錆止め剤 赤錆から黒錆へ

DSC_1883

塗装後

DSC_1887

デフも気持ち綺麗にしました

DSC_1867

かさぶたのような錆と少し戦ってみました

DSC_1876

錆止めしました

DSC_1880

リアショックも御覧のようにサビサビ
2本とも新しいものと交換しました。
真ん中2本が年代もの

DSC_1899

リアショック取り付け

DSC_1903


荷台裏側

ダンボールなどで、裏当てしないで吹くとシャーシブラックの跡が残ります

DSC_1865

ケレンして塗装

フレーム・デフ・荷台等はベットコーティングで仕上げました

DSC_1904

カバーを取り付け マスキング剥がして 刷毛でぬりぬり

DSC_1919

ついでに、ノックスドールをフキフキ

DSC_1910
  
荷台のボルトも傷んでいたので、交換しました。

DSC_1929

レンズ磨いて

DSC_1928

マフラーもステンレスに入れ替えました。

DSC_1920


これで、少しは生き返ってくれたと思います。

まだ、細かな所が残っていますが、ひとまず完成 しました

10メートル以上、離れて見る仕様となっています



* 失敗したこと 難儀したこと

通常の塗装ベースのように、サフェ吹いて仕上げた後、ラッカーで仕上げに入ったところ、サフェが侵され ペーパー掛けを再度やるハメになりました

ローラーだと塗料を含み過ぎて 縮みが出るようだったので 全て刷毛で仕上げました