不動産業を初めて間もなく8年になります。

仲良くさせてもらっている同業者や知人と
時折、話になるのが「不動産屋のイメージの悪さ」。
イメージを定着させた方がいたからでしょうけど…。

不動産屋と呼ばれるより不動産屋さんと呼ばれてみたい。
悪いイメージから良いイメージへの転換をしたいものです。

では、どうしたら良いのか、どんな不動産屋さんがあったら
喜んでもらえるのか、考えさせられます。



「こんな仕事ってどうなんだろう」

知人の同業者など、売主さんから売却をまかされて看板を立てたところ
知人を通さずに直接売主さんに行かれたり、
紹介してもいいですよと言ったら
看板を勝手に建てられたりしたこともあるそうです。

これでは、ルールもあったもんではありません。


「こんな引き渡しってどうなんだろう」

以前、住宅を買い、立ち会い引き渡しではなく、
鍵だけ渡されて玄関に入ったら、
汚れた状態だったらしく、不信感を感じた方もいました。

賃貸でも借り手を案内する前に、掃除は当たり前だと思いますが、
売買ではさすがに・・・・・

これでは、業界のイメージアップに繋がらないですよね。
売ったら終わり、ではないのですから。


当社でも、物件広告を出した時など、一般の方、
同業の方から問合せを頂くことがあります。
一般の方からの問合せは、一生懸命に探しているんだなぁと
感じることがほとんどですが

同業者の中には過去取引、名刺交換の実績がない 
新規の方からの問合せも頂くことがあります。
売主さんから依頼された大切な物件ですから、
クリーンな取引をする為、
その際は、名刺交換をさせて頂いております。

その中で、
広告掲載した物件について、初めての電話問合せを頂いた際、
良いイメージが湧かない同業者がいたりします。
対応した女性スタッフが、馴れ馴れしくねちっこく物件の問い合わせをしに来たのか
雑談がしたいのか?嫌な気分にさせるような中高年の男性がまれにいらっしゃいます。
物件を取り扱う気持ちの重さの違いかもしれませんね。

良い状態で物件を紹介するには、担当会社、
スタッフとのコミュニケーションが大事だと思いますが、
初回の電話対応がもっとも大事なはず
「何だろうこの人」と言う印象では、良い取引に結びつくはず無いと思うんです。

怪しい・うさん臭い・調子がいい・嘘つき・対応がいい加減などの
イメージの悪さを減らすには、もう少し時間がかかるかもしれません。

担当者にノルマがあることが、その後のアフターフォロー不足になったり、
契約をいそがせた結果、トラブルにつながったり、
調子がいい・嘘つき・話がころころ変わるなど、悪いイメージをもたれるのかもしれません。

その為には、
波長の合う、じっくり説明してくれるお店探しが、一番だと思います。

物件は、一般公開されない業者向けサイトに沢山載っています。

同業者のなかでも、お客さん目線で親身になってくれる会社があります。
そんな仲間たちに、私も助けられたりしています。


地道に、正直に、安心、信頼して頂ける取引を心がけ、
不動産屋さんと呼ばれる仲間を沢山増やして行きたいと思います。

不動産は一生に一度の買い物!
損をしないように少しでも役に立てたらと思います。



************************************************
   不動産の売却・お探しの方は
   アスキーハウスまで
   お気軽にご相談ください★

   秋田市仁井田本町6丁目5番10号
   株式会社 アスキーハウス TEL 018-874-7009

   ホームページはこちらです → ASKII HOUSE
************************************************