住宅の耐久性向上、省資源等に配慮し、秋田スギの需要拡大や環境貢献を図るため、住宅の新築からリフォームまで、総合的な支援に取り組み、県民が安全・安心で快適な生活が営めるよう居住環境の質の向上を推進します。

増改築・リフォーム工事に対し補助対象工事費の10%最大15万円の補助!
多子世帯の場合20%最大40万円、空き家購入の場合30%最大60万円

【対象住宅】
●一戸建ての住宅(併用住宅の場合は、住宅部分が1/2以上の住宅)
●マンション等の共同住宅(専有部分のみ)

【対象工事】
〜改築・リフォームに要する費用(消費税含む)が50万円以上
県内に本店を有する建設業者等と工事請負契約を締結するもの
J神28年4月1日以降に工事が完了するものであって、かつ平成29年3月17日までに完了実績報告書の提出ができるもの

【対象外工事】
仝共工事の施工に伴う補償費の対象となる工事
¬隋κ重、いわゆる外構工事(※リフォーム等工事に関わる工事を除く)
住宅用太陽光発電システムの設置に係る費用
ぢ召諒篏制度を利用する場合で、当該補助制度で重複計上が認められない費用
イ修梁勝∧篏金の交付が適当でないと認められる工事及び工事費用

【タイプ】
●一般(持家)
 対象者 … ・県内に住所を有する一般県民(工事完了後に県内に転居する者を含む)
       ・平成22〜27年度までリフォーム補助を利用していない方
 補助額 … 対象工事に要する費用の10% 上限15万円(千円未満切り捨て)

●多子世帯(持家)
 対象者 … ・県内に住所を有する多子世帯(工事完了後に県内に転居する者を含む)
       ・18歳以下の子供が3人以上の親子世帯
 補助額 … 対象工事に対する費用の20% 上限40万円(千円未満切り捨て)

●子育て世帯(空き家購入後)
 対象者 … ・県内に住所を有する子育て世帯(工事完了後に県内に転居する者を含む)
       ・空き家を購入し、18歳以下の子供が1人以上の親子世帯
 補助額 … 対象工事に対する費用の30% 上限60万円(千円未満切り捨て)
※空き家とは人が居住していたことがあり、居住者又は利用者がいない住宅(所有者等により空き家だったことが証明できるものに限る。)で、かつ、建築後10年を越えた住宅(借家住宅を除く。)をいう。


多子世帯・子育て世帯(空き家購入後)は予算に達したため、終了しております。



************************************************
  秋田県で不動産をお探しの方は
   アスキーハウスまで
   お気軽にご相談ください★
  ホームページはこちらです
   → askii house
************************************************